看護師 派遣

看護師の派遣

派遣看護師という言葉を最近耳にするようになりました。

 

派遣看護師とは、どのようなお仕事の形態のことをいうのでしょうか?

 

派遣看護師とは、派遣会社にエントリーしている看護師さんです。単発の看護師の仕事をおこなうこともあります。
看護師の単発のお仕事も増加傾向にありますので、ますます派遣看護師が必要になっていくのではないかと思われます。

看護師の派遣と法律

この看護師の派遣業務は、実は法律上では、原則、禁止となっている業務です。この医者や看護師は、一般のお仕事とは違い、派遣制度は禁止されている業務なのです。
これを聞いてなにか矛盾してるように思いますよね。
実際、派遣の看護師は、存在しますし、看護師の単発の募集もあります。そのような業務に就いている看護師さんもたくさんいるわけです。
法律で禁止されていることをやっているように見えるのですが、どうしてなのでしょう?

 

改めてみると、法律では、医師、看護師の派遣としての業務は禁止です。
しかしながら、紹介予定派遣という場合は、看護師の人材を送っても良いことになっています。紹介予定派遣や代替要員としての勤務は、法律で例外で許可になっているということです。

 

看護師の方々も、結婚や産休を機にお仕事を辞められる方もいるかもしれません。辞めないまでも、結婚後、産休を取られる方や、育児休暇も必要です。
看護師さんが、これらの長期的な休暇を取ると、普通でも人手が足りていない病院で、看護師不足がさらに顕著になりとても困ったことになります。

 

そのような欠員を補うために、雇われた看護師さんは代替要員といわれます。
代替要員の場合は、医師、看護師の派遣は適用されます。

 

それから、紹介予定派遣は、派遣先企業に、直に雇用されることが前提条件になっていて、一定の期間だけ、派遣スタッフとして、事前にお仕事をする仕組みです。
ですから、派遣期間が終わって、業務担当した看護師さんと企業の合意があれば、社員としてそのまま雇用されます。

 

社員としての希望はあるのだけれど、ミスマッチしたくないためにお試し期間として派遣から人材を送る仕組みで、多くの方々が、派遣の仕組みを利用しています。
このように代替要員や紹介予定派遣として、単発業務の募集を行っている病院は看護師を採用しており、法律に違反しているわけではありません。

 

また法律で例外として許されているのは、福祉施設にある診療所の採用です。例をあげますと『遠く別養護老人ホーム』や『身体障害者療護施設』などの診療所勤務は派遣医師や派遣看護師を採用することを許可しています。

 

もしもご自身が派遣の看護師として働こうと思っている場合は、看護師を専門としている派遣会社がありますので、一度相談してみるといいと思います。
看護師の就職を専門にあつかっている派遣会社は情報や知識、経験が豊富です。個々の勤務条件などの相談にも乗ってくれますから、安心ですね。
また、派遣とともに、転職はどうかと思っているのであれば、看護師の転職の仕方についてのサイトもありますので、参考にしてみるといいでしょう。